遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 6097

遺産相続に強い弁護士 204

印鑑証明書(いんかんしょうめいしょ)

712 Views
更新日:2018年12月08日
印鑑証明書(いんかんしょうめいしょ)のアイキャッチ

遺産相続の手続きにおいて、必要不可欠な書類が「印鑑証明書」なります。

特に使用するシーンは遺産分割協議書や遺産の名義変更などに使用しますが、印鑑証明書(紙)とその証明書に登録されている印鑑(実印)がセットになります。

印鑑証明書は自分の法定的に印鑑を証明するものになり、誰でも手に入れられることの出来る印鑑(シャチハタ・100円ショップ等)は登録できません。

公正証書や公的資料を作成したりする際に使用する重要な証明書になり、印鑑証明書とは、登録印鑑が公共団体に登録されているものであることを証明するためのものになります。

相続が発生したけど、印鑑登録・印鑑証明書が無いという方は、早々に実印を最寄りの判子ショップでオーダーするか、近頃はインターネットでもオーダー可能ですので、作成をしましょう。

偽造・悪用のリスクを減らすためにも、実印とする印鑑はオーダーできちんと作ってもらったものにすることをおすすめします。

その後、印鑑を持って最寄りの市区町村役場、公的な機関で印鑑登録をしましょう。

この記事の著者

相続相談弁護士ガイド 編集部の画像

相続相談弁護士ガイド 編集部

相続問題に関することを専門家と連携しながら情報発信しております。 悩んだり、わからないことがあるときは参考にしてください。 どーしてもわからない場合は、一度弁護士に相談するのもいかがでしょうか。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士